standard e NIKKI

オーダーメードキッチン進捗状況 【MTZ邸その6・完了】

先週末、ついにお引渡しとなりました。

d0159669_8322116.jpg

今回製作させていただいたのは、対面型のI型キッチンと背面収納庫のセット。当初から予算に上限を設けられていて、しっかりコスト管理した下で計画した今回のキッチンは全てシナ合板をベースに作りました。塗装は全面ウレタン塗装仕上げで、色はうちのお店にある展示品のキッチンの色に合わせて調色してもらいました。(ナラの焼け色ですね)。
リビング側はシンプルに、棚板があるだけのオープンな表情となっています。
ステンレスの天板はバイブレーション仕上げでシンク一体型の特注品。レンジフードは富士工業の対面型キッチン用です。L=2800という大きなキッチンながら、シンプル表情とある工夫によって圧迫感をぐっとおさえたつくりとなっています。

d0159669_8361591.jpg

キッチン側です。こちらも構成は至ってシンプル。各所ともオープン棚とその下に引き出し一杯の作りです。ただし、それぞれに役割分担がしっかりありまして、左から食洗機、シンク下はオープン棚、電子レンジ置き場、IH下の鍋釜置き場、一番右側は炊飯器置き場なのでスライド棚が仕込んであります。それぞれ必要な分のコンセントも設けてあります。

d0159669_838505.jpg

引き出しはこんな感じ。シナ材を本体と同じ塗料で塗って仕上げてあります。スライドレールは最後に自分で閉まるセルフクローズ機能付きのもの。ブルムのもののようにタンデム(引出し下に付くので開いたときに金物が見えない)ではないのですが、価格がかなり抑えられるのがこのレールです。
写真でもおわかりいただけますが、リビングのフローリングよりもキッチンのタイル床のほうが11センチほどレベルに差があります。これがリビング側から見たときに、大きなキッチンではあるものの圧迫感を抑えている一番のポイント。これだけの大きさですからね、高さを11センチも抑えると言うことは、大きな意味があります。しかもキッチンに立つと結構高いので作業がし易い・・というメリットもありますしね。
そのキッチンの床はタイル貼りながら床暖房が入っているので素足でもポカポカです。羨ましいい~。(我が家のキッチン床はヒエヒエなのです・・)
ちなみに食洗機は三菱電機の乾燥機能付きの全自動のもの。

d0159669_84618100.jpg

壁面収納庫です。こちらも至極シンプルな構成。下台は天板こそタモ材を使っていますが、棚類は全て可動棚、左側はゴミ箱置き場として棚もなし、という作り。使い勝手を絞らない分、使いやすいかもしれませんね~。

さて、途中にビックリハプニングもあったこのMTZさま邸キッチン、お引渡しの時に奥様に喜んでいただけたようで、ボクも嬉しい&ほっと致しました。今週末には新居にお引越しですね。またお使いの上で何かありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。これからの長いお付き合いをお願い致します!

「standard e kitchen」は、木で作るオーダーメードキッチンです。機能や先進性では大手のメーカーさんには敵いませんが、長年お付き合いいただいて気に入っていただける家具としてのキッチンを製作しております。もちろんご予算に合わせたプランや素材を含めた作りのご希望にも、出来うる限りの範囲ではありますがお応えさせて頂きます。まずはお気軽にご相談下さいませ。

stde.2009@gmail.com

:standard e endo



------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2010-10-29 08:57 | 台所