standard e NIKKI

カテゴリ:家族( 15 )

GW

めずらしく、近況報告。

ゴールデンウィーク、皆様はいかがお過ごしでしたか?
せっかくの連休、いつもはろくにかまってあげられない子供たちと一緒に休みを過ごそう、ってことで2日間お店はお休みに。とは言うものの、人込み・渋滞が大嫌いな我が家は、さてどこに行こうかと思案した結果、すぐご近所の山にハイキングに行こーってことになりました。

目的地は賤機山。静岡浅間神社がある山で、去年の春にあった「里山作り大作戦」の時に植えた苗木がどれくらい大きくなったのか見に行こう!ってわけです。

今までと一番違うのは、そこへたどり着くまでの交通手段。今までであれば確実に車で行ってたはずです。でも今年は末っ子の娘も補助輪無しで自転車に乗れるようになったので、片道約4キロの道のりを、自転車4台で列を作ってぞろぞろと。初めて家族4人それぞれの自転車で軽いサイクリング。大きくなったもんだなぁと思いながらの移動でした。(残念ながら写真なし)

で、まぁそれなりに色々ありながら山にも登り、ぼくの記憶のみを頼りに植えた木を探します。探す事約10分。見つけました。

d0159669_1833227.jpg

左側が2011年4月17日撮影。植えた時の写真です。
右側が2012年5月4日。まるまる1年後の写真。ひょろひょろと頼りなかった苗木が、1年でだいぶ立派な葉をつけてます。周囲の緑も濃くなっていて、普段山の面倒を見ている方々の苦労がしのばれます。
と同時に、その隣でポーズをとる子供たちも1年前に比べると本当に大きくなってました。
去年の秋に開催された「里山作り~」には、残念ながら体調不良で参加できなかった子供たち。でもこうして年に1度であっても、自分たちの手で地に植えたものに会いに行けるっていうのは、色々な意味で面白いなぁと思った次第です。今はまだ、なんだかよく判っていない子供たちも何年か経って、こういった喜びの意味を知ってもらえると嬉しいな。

来年以降も5月の連休は、行ける限りは子供たちと揃って賤機山に登りたいなーなどと思ったのでした。天気も良かったし、山の上で食べるおにぎりは美味しいしね!

【standard e endo】

※メインサイトもよろしく!→standard-e.com
※facebookもやってます!→standard e furniture&cafe
[PR]
by standard-e | 2012-05-07 18:13 | 家族

久しぶりの東京

ここ最近、終日オフってことが皆無でしたし、子供たちも夏休みにはいってますし、ちょっと気になることのリサーチも兼ねて、昨日は思い切って一日オフってことにして、家族を引き連れて久しぶりに都内へと行ってきまして。

d0159669_17353696.jpg

d0159669_17354961.jpg

ポワン・エ・リーニュでランチしたり。(本当にランチが目的ですかい?)どのディップも美味しかったですけど、ぼくはオリーブとアンチョビのディップと、シンプルにエクストラ・バージン・オイルが美味しかった。パンはお替り自由で、店員の女性が引くほど、家族4人でむしゃむしゃ食べてきましたよ。

その後は、まぁぼくが見たいところをとにかく見て。でも子供たちもどっか連れて行かなきゃ、って事で行ったのは東京タワー!

d0159669_17404830.jpg

ぼくは都内在住の頃に行ったきりだから20年ぶり!しかも大展望台までは息子と二人で階段で登りました。高さ150メートル、600段の階段。思ったよりもあっという間に着いてしまいましたよー(所要時間10分程度)。ぼく自身が子供の頃、父親と登った記憶があるけど、そん時はバカ疲れた(すごく疲れた、の意。静岡弁)記憶があるんですけどね。

d0159669_17444170.jpg

展望台から望むと、霧の向こうに東京スカイツリーが。
メインの電波塔としての役割を来年で終える東京タワー(昭和33年生まれの御歳53歳)。施設の各所、特におみやげ物屋さんが、もうレトロでレトロで(笑)!スゲーいい味だしてます。
しかもそのおみやげ物屋さんをのぞいたら、息子は金ぴかの東京タワーの置物(時計付き)を欲しがっちゃってもう大変、大笑い!
それは「なんぼなんでも、無しだろー」ってことで、それでも自由に選ばせた結果、東京タワーと浅草寺の模型が入ったスノードーム買ってました。コイツは中学生になったら、絶対に京都で木刀買うタイプだな・・・。

とかなんとか、子連れで行くと自分じゃぁ行かないような所に行けるし、まぁ見ないようなものも見るし、たまにはいい息抜きになりました、ということで・・・。


【standard e endo】


メインサイトもご覧下さいませ!(standard e MAIN




-----------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2011-08-04 17:53 | 家族

春の里山作り大作戦

今日は、以前からお世話になっているTさんのお誘いで、「賤機山に花の咲く木を育てる会」主催の、「春の里山作り大作戦」に子供たちを連れて参加してきました。

d0159669_17465649.jpg

集合場所へ着くと、結構大勢の人が集まっていました。(総勢50人くらい?)これから登る山を見上げます。

d0159669_17465631.jpg

山の入り口で、自分が植える苗木を選ぶ子供たち。二人とももみじを選んだみたい。

d0159669_17465682.jpg

いよいよ登山開始。この辺はまだコンクリの階段ですが、この後は道なき道を進んだので、ぼくはずっと娘と手をつなぎっ放し。よって登山中と下山中の写真は無しで。

d0159669_17465784.jpg

てっぺんの尾根付近で記念に1枚。結構登ってきたね~。ここらでそろそろ植えましょうか。眼下に見えるのが国道1号線静清(せいしん)バイパス。先に見えるのが安倍川。うちのお店は川を渡ったすぐだけど、まぁ見えないよね~。

d0159669_17465750.jpg

d0159669_17465840.jpg

さぁ、お仕事開始です。ここまで持参した苗木を植えて、丁寧に土を被せたら、これまたペットボトルに入れて持参した水をくれます。水は2リットルを長男が、500CCをぼくが運びました。にぃに、お疲れ!

2本の苗木共に子供の背丈より低いか、同じくらいのひょろ細い苗木。でも名札を付けて降りてきましたので、これから時々この山に登って、木の成長を確かめる楽しみが出来たと思うと、なんだか嬉しいです。近くても縁の無かった賤機山(しずはたやま)なのでね、なおさら。

主催者の代表である海野さんをTさんにご紹介いただきまして。この「里山作り大作戦」に至る経緯をさらりとお聞かせいただきました。今日、落葉樹を植えた山は、かつては全てミカン畑だったのだそうです。それが輸入のオレンジに押され、農家の方々が商品作物としてイチゴを選んだために、山は荒れて、すべて竹に覆われてしまったのだそうです。個人の力では日に5~6本しか切れない竹なのですが、色々な方々の力添えでもって、数万本の竹を切り、大勢の方々の協力で落葉広葉樹の苗木を植え、かつての豊かな山を取り戻そうと尽力されているそうです。同時に、今回植樹をしたような急傾斜地では、例えば大雨などによる崩落を防ぐという意味においても、しっかりと根を張ってふんばってくれる、広葉樹が必要なのだそうです。確かに、1種類の植物でもって全てが覆われてしまう山なんて、普通じゃないし、健康な気がしませんもんね。多様性があってこその、バランスなのですね~。

今回は「春の」とついているくらいなので、年2回開催のうちの1回め。年内は秋に2回目が予定されているそうです。と言ってもこのイベントもすでに10年以上続いているものらしく、主催者の方と、地域の方々の情熱にはホント、頭が下がる思いですね。また今秋に開催されるときには、ぜひ参加したいと思っています。
子供ら2人とも、思い切り山歩きが出来て、すごく楽しかったみたいだし。すごく大事なことを、頭でっかちにやるのじゃなくて、こうして汗かいて、皆で楽しんで出来るっていうのは、すごーく楽しいし、素敵だなぁと思った快晴の日曜日でした。紹介いただいたTさんに、感謝です。またぜひ、お誘いくださいね!

d0159669_17465851.jpg

おまけ。これは途中で見つけた不思議な花。地元のオジさんに聞いたところ、「ウラシマソウ」って言うんだって。
この花がちゃんと咲いているってことは、そこは十分に日光があたっている証拠なのだそうだ。少しずつ、森が元気になっているってことなのかな。

時々、ここに来たいと思ってます。草刈鎌もって来なきゃだね。

【standard e endo】




-----------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2011-04-17 18:10 | 家族

3月18日(金曜日)

今日は臨時休業。午前中は長男が通う幼稚園の卒園式でした。

年長組さん全員で48名という結構こじんまりとした幼稚園。式そのものもこじんまりとして、あたたかい素敵な式でした。園長先生や担任の先生方、参加した父兄、卒園する園児たち、みんなが嬉しいような、寂しいような心境だったのでしょう、涙・涙の本当にいい式でした。あぁ、こうやって子供たちは成長していくんだな、大きくなったな、と感じて、ぼく自身もいうるうるしちゃいました。不覚-。

うちの息子は引越しもあって、転園したのが年少さんの秋のとき。あの時は「馴染めるかなぁ」とか「行きたくないって言い始めたらどうしよう」とかすごーく不安になったこと、忘れられません。実際には元気いっぱい、友だちもいっぱい、すごく楽しい幼稚園生活を送れたようで、ほんと、周囲の方々に感謝感謝です。

いつも元気いっぱいの息子。元気すぎてぼくらに怒られることも多々あるけれど、これからもその調子でいいお兄さんになってくれよ!
大きな災害があった後だけに、こういう幸せが経験できることに、ただただ、感謝。

d0159669_16552652.jpg

来月からは小学生だぞ、がんばろうな。

【standard e endo】




-----------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2011-03-18 17:11 | 家族

期限付きのお楽しみ

午後も3時頃になって子供たちが幼稚園から帰ってくると、バスを降りたとたんにまずは路地でひとしきり遊ぶ。それが子供らの日課。おかげでとたんにお店やらその周りやらが賑やかになる。
d0159669_17235553.jpg

今日はどこからかALCの破片を探してきて、路面に地図やら線路やらを描いた様子。今時こんな風にして遊ぶ子供もあんまり見なくなったなぁとか思うんですけどねー。でもこういうの嫌いじゃない。

いつもここで遊ぶ3人組みも、春になれば一人を残して小学生。なんかめんどくさいなーと思うようなことも、ちょっと見方をずらせば今だけの貴重な体験のような気もしてきて。

でも、

数年たって振り返れば「あの頃が一番楽しかったっけなー」って絶対に思うよ!って周りからは言われるけど、今のところはやんちゃぶりに振り回されてイライラするのが現実ですねー。目先のことで精一杯な感じでカッコ悪いなぁーとかって思うんですけど、なかなかねぇ。

写真は子供らが家に入ってしまったため、ウソの様に静かになった路地と落書き。
皆に見られないように、こっそりムスコが描いた線路の上を歩いてみたりして。そしたら終点にしっかり自分の名前が書いてありました。しかも漢字で。スゲーなぁ、成長しているなぁって感じたり。

そんな夕方。


【standard e endo】




-----------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2011-01-25 17:42 | 家族

11月10日

今日は11月10日かー。

実は今日は結婚記念日(8回目)であります。昨夜ツマにその旨話しましたところ「あーそうだっけ」。とのこと。

しかしだからといって、サプライズを用意しているようなボクでもなく。
今日も普通の水曜日となるようです。

まぁね、フツーが一番。

健康第一でお願いしますね。
なんだかんだ言って、実はツマが大黒柱の「standard e」ですから。

8年前のあの日も快晴だったっけなー。

:standard e endo



------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2010-11-10 11:11 | 家族

帰ってまいりました。

今週は3連休もいただいてしまいまして、本当にご迷惑をお掛けいたしました。休みの間にご来店いただいた方もいらっしゃると思います。本っ当にごめんなさい。よろしければまたご来店くださいね。

で、何してたのかと言いますと・・・

d0159669_1730118.jpg

北海道へ行ってました。ボクの目的はモエレ沼公園。ツマはスープカレーとか美味しい物。子供たちは旭山動物園とか。とにかく満喫してきました&よく食べてよく飲んだ3日間でした。北海道って食べるものがとにかくおいしいんで、ついつい食べすぎちゃいますね。ボクがもし北海道に住んだら間違いなく太ります。自身を持って断言できます、ハイ。

もう盛りだくさんの旅行だったんで、アレコレ書き出すと膨大な量になってしまいそうなので、チョイチョイ内容はアップして行こうかと思っていますよ、B面で。よろしければそっちもご覧下さいませ。

とにかくこの秋はこの旅行に行くことを目標にしてがんばってきましたからね、念願叶ったってやつです。おかげ様でかなりリフレッシュできたので、またバリバリがんばりますよ~。

しかし子供らのことをよく叱った3日間でもありましたー。怒るのも疲れますね・・・。

:standard e endo



------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2010-11-06 17:40 | 家族

遊泳

先日、うちの子供たちが通う幼稚園で「絵画展」なる催しがあったので、見に行ってきました。

d0159669_21472742.jpg

どんなのを描いたのかと、ウチの子供らのを捜すとまずは長男のを発見。さすがに年長さんともなると、描く絵もなかなかご立派!つづいて見つけた年少の娘の絵は・・・超のどか~。笑えます。しかしどの絵もカラフルでみんな楽しそう~。いいね!

で、「かいがてん」とはいうものの絵ばかりじゃなく色々な工作も展示されていて結構楽しめます。毎年テーマが決まっているようで、去年はとなりのトトロだったかな?今年は「宇宙」がテーマのようで・・・

d0159669_21515339.jpg

ムスコが作った宇宙飛行士を発見!なんか笑ってるし。やけに腕ピーンだし。みてるコチラもなんだか笑っちゃう出来栄え。

子供らの作るものは見てて笑えますね~。一生懸命に作ったっていうのが伝わってきていいっすね~。
なかなか楽しめました。でも家に持ってきたこの絵画展に展示された作品たちは既に無残な姿に・・・皆さんこういうのって大事にとっておくのでしょうか?

:standard e endo



------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2010-10-29 21:57 | 家族

ガンプラ

昨夜のこと。

うちのムスコが最近バァバに買ってもらったガンプラ。さすがに年長さんでは全く自力で作れないのでボクが作ることになったのですが、ガンプラなんて一番最後に作ったのはいつだったろうか?間違いなく小学生だったはずなので最低でも27年前!今年でガンプラは30年なんて言ってますけど、ボクらは正に初期のガンプラを支えた世代なんだなーと妙なところで関心。

で、何を作ったのかといいますと「HG 1/144 ガンダムダブルオークアンタ」。どこで切っていいのかよく判らない名前のガンダムです。ボクらガンプラ世代には馴染みの深い1/144というスケールはそのままに、今のガンプラの凄まじさを味わったので、ポイントをいくつかご紹介。

1)パーツの多さ
ランナーの数が半端じゃないっす。A~Dまで。それぞれ40番近くの番号までふってある部品の多さ・・・。スゲー。

2)パーツの正確さ
昔ははめ合わせても合わさり面がぴったり合わなくて、子供心になんとなーく腑に落ちない感覚があったことを憶えているんですけど、現代のはピッタリ正確。あまりのピッタリ具合に一度はめたら外すのが超困難。きちんと説明書を読んでから作らないと、けっこう痛い目に合います。精密さにスゲー2。

3)着色不要
当時は手やら床やらをべたべたにして着色をしたもんです。でもいまはそもそもランナーにカラーリングがしてあって、よほど凝らない限りそこそこのクオリティで出来ちゃいます。爪楊枝を駆使し、かつ上手くは決して塗れなかった鬼門の顔は塗りわけられた2つのパーツと目はステッカーで対応。完璧です。スゲー3。

4)それどころか接着剤も不要
先のパーツの正確さでもって接着剤不要で完成です。一応用意して作り始めたんですけど、結局一度も蓋を外すことはありませんでした。これでバラけないんだから、よほど嵌め合わせがきちんとしてるんだよなー。スゲー4。

5)可動範囲の多さ
各関節が嫌っつーほど動きます。人間でも無理そうなポージングが可能。1/144でこれなんだから、もっと大きいスケールのガンプラは一体どうなっちゃてるんでしょうか?ボクがかつて作った1/100ガンダムなんて、ヒザが90°に曲がるのみだったのに・・・。スゲー5。

6)フォルム
かつてのガンプラは・・・ぶっちゃけ不恰好でした。なーんか変だなって子供心に感じてました。でも今のはかなり忠実に再現してそうな気がします。(パッケージのイラストと、同梱されていた解説書のイラストなんかを見る限りですけど)飾りたくなるね、これはきっと。スゲー6。

7)価格
リンク先見てください・・・子供のお小遣いじゃ無理っしょ?スゲー7。

そんな感じの現代のガンプラ。悪戦苦闘すること約2時間半。ようやく完成しました。デジカメ故障中のため完成品がお見せできなくて残念。しかし完成品というか、一体今は何を作っているのかよく判らないような状態でプラモデルを作るのはなかなか面白いですねー。あと、自分の目が大分悪くなっていることに気付かされました・・・。これってひょっとしてアレですか、LOW-GUN?ヤベーっすね。

で当の本人はというと、朝目覚めた瞬間に出来上がったガンダムを発見し、超ご機嫌で遊びまくりです。なにしろ細かい部品が多いですからね、恐らくぶっ壊れるのにそう時間はかからないでしょう。しかし今度は簡単なプラモにして、自力で作らせないと意味ないし。これを機会にちょいちょいガンプラ作ることになるのでしょーか?

:standard e endo



------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2010-09-24 17:49 | 家族

工作

昨日は子供たちの夏休みで最後の定休日。子供らの「プール!プール!」の声には反応せず、向かった先は「駿府匠宿」。実はボクら夫婦も初めて来たので、一体なにが何やら・・・しかし自由工房なる場所があると聞いて、行って見ました。

いろいろあったんですけど、うちのオチビ二人は「挽き物動物」に挑戦。その名の通り、挽き物の細かな部品を組み立てて、水彩絵の具で着色、マニキュア(?)でラメ付けして完成!ってことみたいです。二人ともいつになく真剣。

d0159669_14484663.jpg

ムスコは恐竜に挑戦。色付けもなかなか上手いぞ。さすが年長さんともなると、いろいろ察して上手くまとめてきますねー。

d0159669_1449510.jpg

一方のムスメは鹿を作り始めます。(本人はトナカイと言い張ってましたけど)。まだ3歳児は自由奔放。楽しそうです。

で、組み立て10分、色塗りに20~30分かけた力作はどんな感じになったかと申しますと・・・。

d0159669_14572165.jpg

まずは恐竜。緑地に紫の縞模様・・・まるでスイカじゃ~んって言ったら、「違うよぉ!恐竜はこんなんだったのかもしれないよぉ!」って真顔で怒られました。息子よ、すまん。

d0159669_1459258.jpg

ムスメの力作はこちら。全身をピンクで塗り始めた際には「パー子?」とかってやや不安になりましたが、これまたピンクのラメも全身に塗りたくり、ある意味雑貨としては「アリか?」と思わせる出来栄え。そういえば我が家のロディもピンク色。3歳女児はピンクであればOKなようです。

ともあれ思いがけず楽しめた匠宿。そんなにお金もかからないし、子供たちも喜ぶし、なかなか面白かったです。
で、なんでプールコールを無視したかといいますと、先週プールに行ったおかげでボクもツマも脱皮中・・。直射日光は勘弁してくりょーって事なのでした。

:standard e endo



------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by standard-e | 2010-08-26 15:04 | 家族